ジャパンカップ

ジャパンカップで毎回的中実績をだしている。負けることは絶対にない。1年に一回だけ!レース開催日にのみ配信される伝説的なメルマガ
ジャパンカップ関係者情報無料

1年に1回だけ無料メールマガジン発行。ジャパンカップだけの為に、ジャパンカップをトコトン研究しているジャパンカップスペシャリスト達による情報です。

最高賞金をかけた熱き戦い

ジャパンカップとは

ここへ画像の説明を記入して下さい

注目!日本初の国際G1
 1981年、“世界に通用する強い馬作り”を実現させるため、日本で初めて外国調教馬を招待する国際競走「ジャパンカップ」が創設された。第1回から11月下旬の東京競馬場・芝2400mで行われている(02年のみ中山・芝2200mで開催)。  84年のグレード制導入ではG1に格付け。92年にICSC(国際セリ名簿基準委員会)より、日本初の国際G1に認定された。08年からは秋季国際G1競走シリーズの「ジャパン・オータムインターナショナル」の第3戦に指定。なお、今年はワールドスーパージョッキーズシリーズ開催により、8年ぶりに最終11レースとして行われる。

注目!近年は日本馬が圧倒
 記念すべき第1回を制したのはアメリカのメアジードーツ。第4回でカツラギエースが日本馬による初の優勝。第5回もシンボリルドルフが制したものの、最初の10年間は外国馬が8勝、日本馬はわずか2勝どまり。世界の壁を痛感させられる結果となった。  90年代に入り、日本馬の攻勢が始まる。92年にはトウカイテイオー(父シンボリルドルフ)が勝利し、同レース史上初の父子制覇を果たす。ここから日本馬が3連勝。98年には、エルコンドルパサーが日本の3歳馬で初めての優勝を飾る。ここから4連勝を決め、第11回〜第20回までの10年間は日本馬が6勝と勝ち越すようになった。  01年にはジャングルポケットが優勝。初めて掲示板を日本の馬が独占した。日本競馬全体のレベルアップと堅くて速い馬場を味方にし、近年は日本馬が圧倒的に優勢。第21回〜昨年までの11年間では、日本馬が9勝と大きく勝ち越すまでになった。昨年の覇者ブエナビスタ(父スペシャルウィーク)は2組目の父子制覇を飾っている。

注目!凱旋門賞優勝→JCの成績は…
 これまで凱旋門賞を制し、その年のジャパンカップに参戦した馬は6頭いる。これらの馬の成績は、88年のトニービン5着、89年のキャロルハウス14着、93年のアーバンシー8着、96年のエリシオ3着、99年のモンジュー4着、11年のデインドリーム6着と一頭も勝利していない。  昨年のデインドリームは、凱旋門賞をレコードタイムで5馬身差の圧勝。1番人気に推されたが、3歳牝馬による初のジャパンカップ制覇はならなかった。世界最高峰と呼ばれるレースの優勝馬でもここでは苦戦している。

1年に1度の特別配信

ジャパンカップを丸裸にしてみよう!

赤1)日本馬が5年連続3着まで独占
 過去10年の出走馬の所属別成績は、日本馬の【8.9.9.87】に対して、外国馬は【2.1.1.49】。日本馬が8勝と大きく勝ち越しており、近5年は1着〜3着までを独占している。また、近3年は栗東所属馬のワンツーフィニッシュが続いている。  外国馬で3着までに好走したのは4頭。02年の中山開催では1着ファルブラヴ、2着サラファンが好走。しかし、東京開催では46頭走って、05年優勝のアルカセット、06年3着のウィジャボードしか好走していない。この2頭はともに3番人気で、過去に2400mのG1勝ちを経験していた。

赤2)1番人気馬の複勝率9割
 人気別成績では、1番人気馬が【3.2.4.1】。3勝は物足りないが、複勝率では9割。着外の1回は昨年のデインドリーム。日本馬はすべて3着以内に入っていた。以下、5番人気までの成績はのべ【8.8.6.28】。連対馬の8割は上位人気馬が占めている。他の2勝は9番人気馬。02年のファルブラヴ、08年のスクリーンヒーローはともに4歳馬で、外国人ジョッキーが騎乗していた。  二ケタ人気馬は【0.1.1.74】。好走したのは、02年2着のサラファン(11番人気)と昨年3着のジャガーメイル(14番人気)の2頭のみ。

赤3)天皇賞(秋)から巻き返す馬は…
 前走レース別成績では、天皇賞(秋)組が【4.6.6.39】で好走例が最も多い。昨年は同レース出走馬が1着〜3着を独占している。前走天皇賞(秋)で1着だった馬の成績は【1.2.4.1】。連勝したのは04年のゼンノロブロイだけだが、05年のヘヴンリーロマンス以外はすべて3着以内に入っている。また、好相性なのが同レースの3着馬・4着馬。3着馬は【1.1.0.1】で、09年のウオッカら2頭が好走。4着馬は【1.2.0.2】で昨年優勝のブエナビスタら3頭が好走している。なお、同レースで2着以下に敗れ、今回好走した9頭すべて2200m以上のG1で優勝または連対経験があった。

赤4)前走凱旋門賞組の好走傾向
 前走凱旋門賞だった馬は13頭おり、成績は【2.0.1.10】。優勝は02年のファルブラヴ(凱旋門賞9着)、06年のディープインパクト(凱旋門賞3位入線後、失格)の2頭。3着は10年のヴィクトワールピサ(凱旋門賞7着)。好走馬は凱旋門賞で連対していない。  逆に、凱旋門賞1着馬は昨年のデインドリームが1番人気で6着。また、同レース2着馬も昨年のシャレータが10番人気7着、10年のナカヤマフェスタが2番人気14着といずれも着外に敗れている。

【過去結果】ジャパンカップ

【第32回】2012年11月25日(日) 5回東京8日

2012年第32回ジャパンカップ的中無料情報  レース動画を見る

着順 15 ジェンティルドンナ 17 オルフェーヴル 13 ルーラーシップ
的中馬券 3連単 5,550円 8番人気

三冠vs三冠! 壮絶な叩き合いをジェンティルドンナが制す  春の天皇賞勝ち馬ビートブラックがハナを切り、3コーナー手前からリードを広げ始める。昨年のこのレース2着馬トーセンジョーダンが2番手、ジェンティルドンナが好位。凱旋門賞で日本の夢を打ち砕いたソレミアと秋の天皇賞2着のフェノーメノが続き、天皇賞で復活勝利をあげたエイシンフラッシュが中団。その後ろには大本命オルフェーヴルが構え、天皇賞3着のルーラーシップや同4着のダークシャドウらも機をうかがっている。  豪華メンバーが集ったジャパンカップ(GI)。東京競馬場に押し寄せた11万大観衆の眼前で繰り広げられたのは、三冠馬と三冠馬の壮絶かつ歴史的な叩き合いだった。  最初に動いたのはオルフェーヴル。だが勝負を急いだわけではない。4コーナーから馬群の外をジワリと進出、直線でトーセンジョーダンに並びかけるまでは馬ナリだった。そこからようやく追い出し開始。昨年は三冠+有馬記念制覇、今年は宝塚記念を勝利した現役最強馬が、凱旋門賞2着の雪辱を果たすべくスパートする。  これに内から並びかけていったのが牝馬三冠のジェンティルドンナだ。53キロの斤量を生かすと同時に「イン有利の馬場」との計算から選択した好位取り先行策。鞍上・岩田康誠騎手が「道中は完璧だった」と振り返ったように思い描いた通りのレースを実現させ、そして最大の難敵オルフェーヴルへと挑みかかる。  死力を尽くしての叩き合い。追い込んだルーラーシップとダークシャドウの3着争いを2馬身半も突き放して、オルフェーヴルとジェンティルドンナは並んだままでゴールを駆け抜けた。やがて写真判定が終わり、ジェンティルドンナ1着が告げられる。  「いいファイトだった。初めて彼女の本気を見せてもらった」  ビートブラックを交わして抜け出す際、外のオルフェーヴルを押圧した動きが審議の対象となったため、岩田騎手に笑顔はない。が、ジェンティルドンナが偉大な記録を打ち立てたことは間違いなく事実だ。オールアロング、マジックナイト、ユーザーフレンドリー、ファビラスラフイン、ウオッカ、レッドディザイア、デインドリームなど、幾多の名牝・女傑が成し得なかった“3歳牝馬のジャパンカップ制覇”という偉業を、ジェンティルドンナは完遂したのである。

【【第31回】2011年 11月27日(日) 5回東京8日

2011年第31回ジャパンカップ的中無料情報  レース動画を見る

着順 2 ブエナビスタ 16 トーセンジョーダン 1 ジャガーメイル
的中馬券 3連複 80,880円 165番人気

ブエナビスタが雪辱のVで6つ目のGIタイトルを獲得  GI馬が10頭、残る6頭も重賞ウィナー。“超”のつく豪華メンバーで争われたジャパンカップ(GI)は、期待にたがわぬ緊迫のレースとなった。  米G1勝ち馬ミッションアプルーヴドがハナを切り、天皇賞(秋)を驚異的なJRAレコードで差し切ったトーセンジョーダンが今日は2番手を往く。このレース連覇を目指すローズキングダムや昨年の日本ダービー馬エイシンフラッシュ、女王ブエナビスタ、GI獲りに燃えるペルーサらは中団に構え、向こう正面で一気にポジションを上げていくのは3歳馬のウインバリアシオンだ。さらには凱旋門賞をレコードで制したデインドリームが機をうかがい、ドバイワールドCの覇者ヴィクトワールピサが最後方を追走する。  最初はゆっくりと、3コーナーからはペースを上げて進んだ馬群は、直線、ひしめき合っての追い比べを演じることとなった。  いずれ劣らぬ実力馬。そんな戦いでは、勝利への執念が栄光を引き寄せる。他のどの馬よりもこの一戦に賭けていた存在といえば、ブエナビスタだったろう。  思えば、ブエナビスタにとって悔しさしか残らない1年だった。昨年のジャパンカップでは1位入線2着降着の憂き目に遭い、断然人気で臨んだ有馬記念はハナ差2着。ドバイワールドCでは8着に敗れ、帰国後のヴィクトリアマイルと宝塚記念では2着に甘んじる。前走の天皇賞(秋)では直線で馬群を捌くのに苦労し、脚を余して4着に敗れていた。  ヴィクトリアマイルからブエナビスタの手綱を取る岩田康誠騎手も、この惜敗続きの責任を感じていた。前走の轍は踏むまい、今度こそは勝利をつかもう、と、先行馬たちの間に生まれたスペースへ上手にブエナビスタを導き、そしてスパート。叩き合いの中から凄まじい瞬発力で抜け出したブエナビスタは、最後に粘るトーセンジョーダンをクビ差競り落として1着でゴールを駆け抜け、ようやくの雪辱を果たしたのだった。 「やっとこの馬の強さを見せられた。現役最強馬だということを立証できた」  何度もガッツポーズを繰り返す岩田騎手。その言葉も歓喜も、ブエナビスタに声援を送り続けてきたファンの想いを代弁するものであるはずだ。

【第30回】2010年 11月28日(日)5回東京8日

2010年第30回ジャパンカップ的中無料情報  レース動画を見る

着順 6 ローズキングダム 16 ブエナビスタ 2 ヴィクトワールピサ
的中馬券 3連単 25,110円 72番人気

ローズキングダム、不屈の逆転劇でジャパンカップを制す  世界に通用する馬作りを目標に掲げて1981年に創設されたジャパンカップ(GI)が、節目となる第30回を迎えた。第1回勝ち馬メアジードーツのレコード駆けに日本の競馬ファンが震撼したのも、いまは昔。着実に世界との差は縮まり、近年では日本馬が人気・着順とも外国馬を凌駕することが増えた。  今年も評価は「日本馬優位」。天皇賞(秋)を快勝したブエナビスタを筆頭に、凱旋門賞2着でワールドクラスの力を実証したナカヤマフェスタ、昨年2着のオウケンブルースリ、春の天皇賞馬ジャガーメイル、あるいはハイレベルといわれる3歳勢のトップクラスもズラリ参戦、1〜8番人気までを日本馬が占めて外国馬を迎え撃った。  結果も、日本馬が上位を独占。ただし、レース史上初となる“逆転劇”が待っていた。  シンゲンがゆったりとしたラップで引っ張った隊列は、大きな動きがなく直線へと向かい、そこから追い比べがスタートする。恐るべき瞬発力を繰り出したのは、やはりブエナビスタだ。好位から前を追撃しようとするローズキングダムを交わし、抜け出していたヴィクトワールピサも捉え、この3歳両馬の激しい2着争いを2馬身ほど突き離してゴールへ。自身6つ目となるGI・JpnI タイトルを堂々獲得したかに思えた。  が、レース途中で審議の文字が点灯し、複数の案件が審議対象となったこの一戦。とりわけ注目を集めたのは、ゴールの手前、内からヴィクトワールピサに、外からはブエナビスタに寄られて行き場を失くしたローズキングダムの姿だった。  長い審議の末、ブエナビスタは2着降着、ローズキングダムが繰り上がり1着。皐月賞4着、日本ダービーと菊花賞は2着とクラシックで惜敗を続けたローズキングダムが、思わぬ形でビッグタイトルを手にすることになったのである。  意外な結末ながら、鞍上・武豊騎手が「普通ならひるむところを、よく頑張ってくれた」と語ったとおり、不利を受けても最後まで諦めず、懸命に2位入線を果たしたローズキングダムの闘志は称えられるべきだろう。そして、その不屈の魂こそ、日本が世界へ近づくべく磨き上げてきたものではなかったか。そんなことを考えさせるジャパンカップだった。

【第29回】2009年 11月29日(日) 5回東京8日

2009年第29回ジャパンカップ的中無料情報  レース動画を見る

着順 5 ウオッカ 10 オウケンブルースリ 6 レッドディザイア
的中馬券 3連単 11,690円 23番人気

これが最強牝馬の力! ウオッカが世界に名を轟かせる  第29回ジャパンカップ(GI)には、昨年の菊花賞馬オウケンブルースリ、米ブリーダーズカップターフを連覇したコンデュイット、連覇を目指すスクリーンヒーロー、秋華賞勝ち馬レッドディザイアなど、GI/JpnI勝ち馬13頭という豪華メンバーが集った。  その中にあって単勝オッズ1番人気に支持されたウオッカの強さは、誰しもが認めるところ。2歳女王の座、牝馬としては64年ぶりとなった日本ダービー制覇。同世代のライバルを降した天皇賞(秋)、安田記念連覇など、ウオッカは数々のタイトルを勝ち取ってきた。  が、今春のドバイ遠征では連敗を喫し、前走・天皇賞(秋)は3着。このジャパンカップでも一昨年4着、昨年は3着と、大舞台で何度も涙を呑んできた。  勝利だけでなく負けた経験も競走馬を強くするのなら、まさにこの日のウオッカは、積み上げてきた自信と悔しさをともにパワーに変える、そんな走りを見せたといえるだろう。  リーチザクラウンが速いラップを刻んで逃げる。ウオッカは好位、鞍上のC.ルメール騎手が「落ち着いているし、リズムに乗れている」と感じながらの追走だ。  直線に入ると先行勢の脚色は鈍ったが、ウオッカは逆に、自ら前へ出ようという勢い。それをルメール騎手はギリギリまで我慢させて、そしてスパート、坂の頂上で一気に抜け出す。ここで、ハイペースを利して大外から伸びてきたのはオウケンブルースリ。レッドディザイアやコンデュイットも馬群を縫って前を追う。特にオウケンブルースリの追い込みは鋭く、最後はウオッカと鼻面を並べてのゴールとなった。  写真判定の末、1着はウオッカ。速いペースを先行して抜け出すレースは「私は強い」という自信が可能にしたもの、ハナ差しのいだのは過去に味わった悔しさがもたらした頑張り、そう感じられる勝利であった。  近年、世界に目を向ければ、プリークネスSを勝ったレイチェルアレクサンドラ、ブリーダーズカップマイル連覇のゴールディコーヴァ、無敗のまま凱旋門賞馬となったザルカヴァ、デビュー14連勝でブリーダーズカップクラシックを制したゼニヤッタなど、歴史的名牝が相次いで誕生している。  日本の牝馬として初めてジャパンカップを勝利し、7つ目のGI/JpnIタイトルを手にしたウオッカもまた、間違いなくこのリストに加えられるべき存在だろう。

【第28回】2008年 11月30日(日) 5回東京8日

2008年第28回ジャパンカップ的中無料情報  レース動画を見る

着順 16 スクリーンヒーロー 9 ディープスカイ 4 ウオッカ
的中馬券 3連複 6,410円 18番人気

上昇馬の勢い、ここに極まる! スクリーンヒーローがGI初挑戦初制覇  ディープスカイ、ウオッカ、メイショウサムソンと3世代の日本ダービー馬が揃い、人気と注目を集めたジャパンカップ(GI)。さらには昨年のグランブリ・ホースであるマツリダゴッホ、アサクサキングスとオウケンブルースリはともに菊花賞馬と、実に豪華なメンバー構成。これら高い実績を誇るJRA勢はレースでも上位を争い、直線で熾烈な追い比べを繰り広げることになります。  しかし、実績を上回る勢いで勝利をつかんだのは、9番人気の伏兵スクリーンヒーローでした。  ネヴァブションが思い切ってハナを叩いたものの、1000m通過は61秒8と落ち着いたペース。この流れの中、スムーズに5〜6番手、マツリダゴッホとメイショウサムソンを見る位置に付けて折り合ったのがスクリーンヒーローです。 「いいポジションを取れた。後は馬の力を信じて乗るだけ」  確かな手ごたえを手綱越しに感じながら、ひときわ低いフォームで4コーナーを回り切ったスクリーンヒーローの鞍上ミルコ・デムーロ騎手は、いざスパート。抜け出しを図るマツリダゴッホと、それを内から懸命に追うウオッカに襲い掛かります。  1年近くにも及ぶ骨折休養から復帰した今夏以降、1000万下勝利、札幌日経オープン2着、準オープン2着、そして前走・アルゼンチン共和国杯では重賞初制覇と、地力強化をアピールし続けているスクリーンヒーロー。快進撃の中で磨き続けてきた末脚と自信は、強敵たちとの競り合いでもしっかりと発揮されました。遂には先頭に立ち、大外から猛然と追い込んだディープスカイを半馬身後ろに従えて、ジャパンカップのゴールへ真っ先に飛び込みます。会心の勝利に「I'm so happy」とデムーロ騎手は何度も拳を振り上げました。  わずか3週間前に重賞タイトルをつかんだばかりの馬が、怒涛の国際GI制覇。また鹿戸雄一厩舎は、開業1年目でGIタイトル獲得という快挙を達成。今年のジャパンカップは、上昇馬の底知れぬ勢いを感じさせるヒーロー誕生劇となったのでした。

【第27回】2007年 11月25日(日) 5回東京8日

2007年第27回ジャパンカップ的中無料情報  レース動画を見る

着順 4 アドマイヤムーン 2 ポップロック 10 メイショウサムソン
的中馬券 馬連 3,660円 10番人気

道中で耐え、直線でも耐え抜いて、アドマイヤムーンが勝利のゴールへ  快晴に恵まれた東京競馬場。その穏やかな天候とは逆に、ジャパンカップ(GI)のゴール前は嵐のように激しい叩き合いとなりました。  この争いを制したのはアドマイヤムーンです。前走・天皇賞(秋)では直線の不利もあって6着に終わり、またジャパンカップと同コース・同距離の日本ダービーで7着に敗れていることからささやかれる距離への不安、鞍上・岩田康誠騎手が東京競馬場の重賞で22連敗中という事実、それらが絡み合って5番人気に甘んじていましたが、数々の不安要素を吹き飛ばす忍耐の走りを披露。3月のドバイ・デューティ・フリー、6月の宝塚記念に続く今年3つ目のビッグタイトル獲得に成功しています。 レースはチョウサンの意表を突く逃げで始まり、競りかける馬はおらず、スローな流れで落ち着きました。これに苦労したのが、他ならぬアドマイヤムーン。あまりの好スタートに一時はハナを切りそうな勢いで、なんとか抑えた岩田騎手は、好位5〜6番手の内で懸命にアドマイヤムーンをなだめ続けました。  直線。中団にいたメイショウサムソンが大外からスパート態勢へ。断然の1番人気を背に脚を伸ばします。2番人気ウオッカも、道中最後方から驚異的な末脚を繰り出してこれに迫りました。さらに4番人気ポップロックも、馬群を割ってゴールを目指します。  その一瞬先、内から抜け出していたのがアドマイヤムーンです。コースロスなく最終コーナーを回ると、残り200m、鮮やかな瞬発力を見せて先頭に立ったのです。「折り合いを欠いた場面もあったのに、勢いよく坂を駆け上がって、最後まで馬が頑張ってくれた。感無量です」と岩田騎手が語った通り、外から追いすがる3頭の追撃を耐え抜き、アタマ差振り切っての優勝となりました。 馬インフルエンザによるメイショウサムソンの欧州遠征断念、ディラントーマスのジャパンカップ出走取り止めなど“世界”との距離が開きつつあった中で、世界に通用する実力の持ち主たちが、まさにワールドクラスの力走を見せた。そんなジャパンカップとなったのではないでしょうか。

【第26回】2006年11月26日(日) 5回東京8日

2006年第26回ジャパンカップ的中無料情報  レース動画を見る

着順 6 ディープインパクト 7 ドリームパスポート 3 ウィジャボード
的中馬券 馬連 750円 3番人気

ディープインパクト完勝! これが王者の走り、これぞ最強の証  外国馬は2頭のみ、出走馬11頭と過去最少の頭数となったジャパンカップ(GI)。しかし、1番人気ディープインパクトと2番人気ハーツクライの“二強”に加え、欧州年度代表馬ウィジャボード、公営の雄コスモバルク、二冠馬メイショウサムソンとその好敵手ドリームパスポート、3歳牝馬トップクラスのフサイチパンドラなどがゲートイン、頂点を争うにふさわしいメンバーがそろいました。  中でも注目を集め、そしてレースの主役を務めたのは、やはりディープインパクト。凱旋門賞では、馬も、騎手も、厩舎も、多くのファンも失意を味わいました。 「それでも変わらぬ声援を寄せてくれた。それが嬉しかった」と武豊騎手。温かなエールに応えるように、王者の走りを取り戻してみせました。  逃げ馬不在とあってコスモバルクが敢然とハナを切りましたが、1000m通過61秒1というスローな展開。ゆったりした流れにも関わらず、ディープインパクトは向こう正面の終わりに差しかかってもまだ最後方に控えています。その位置取りに、そしてちらつく雨に、波乱の予感を抱いた人もいたことでしょう。しかし、そこからは王者の走り。3コーナーから4コーナーにかけて、馬群の外を上がっていくディープインパクトの姿にスタンドが沸きかえります。  直線、粘るコスモバルクを目がけて殺到する後続の中で、ひときわ光ったのがディープインパクトの末脚。どの馬よりも鋭く力強く芝を蹴り立てて、まるでそこがこの馬のために用意されたコースであるかのように、馬場の真ん中を駆け抜けていきます。内から伸びていったんは先頭に立ったドリームパスポートを交わし切ると、さらに2馬身突き放しての1着ゴール。悔しさを晴らし、最強を証明する優勝でした。 「次も最高の走りを見せたいと思います」  勝利騎手インタビューでの武豊騎手の宣言に、またも沸騰するスタンド。その“次”とは、シンボリルドルフ、テイエムオペラオーに並ぶGI7勝目がかかるラストラン、グランプリ・有馬記念。伝説の最終章へ向けて、ディープインパクトの飛翔は続きます。

プライバシーポリシー

フェブラリーS 高松宮記念 桜花賞 中山グランドジャンプ 皐月賞 天皇賞(春) NHKマイルC ヴィクトリアマイル オークス 日本ダービー 安田記念 宝塚記念 スプリンターズS 秋華賞 菊花賞 天皇賞(秋) エリザベス女王杯 マイルチャンピオンシップ ジャパンC ジャパンCダート 阪神ジュベナイルF 朝日杯フューチュリティS 中山大障害 有馬記念 競馬ランキング